このページではJavaScriptを使用しています。正しく表示させるにはブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。

麻酔科



麻酔科の主な診療内容は、手術時の麻酔管理で、手術を受ける患者さんには痛みを取ると同時に呼吸・循環などの全身管理が必要です。手術治療では、最適な麻酔方法、全身管理について患者さんと相談しながら、安全で手術後の痛みの少ない方法を実施しています。

得意分野

麻酔科の主な診療内容は、手術時の麻酔です。
手術を受ける患者さんには麻酔と同時に呼吸・循環などの全身管理が必要です。

診療方針

麻酔科では、安全第一に手術前・中・後の患者さんの生命維持と快適さの確保に取り組んでいます。

対象疾患

当科が麻酔を担当する対象疾患は手術治療を必要とする全疾患に及びます。小手術の場合は担当科で局所麻酔をして手術することもあります。

主な検査

麻酔管理に必要な検査は、入院前後に担当診療科が実施します。さらに詳しい検査は、手術治療前に麻酔科医が実施します。加えて手術中、麻酔科医は学会の勧告するモニター指針に従って、絶え間なく患者さんのバイタルサインを看視します。さらに、必要に応じて血液検査や心エコーなど特殊な検査も加えます。

手術を安全に受けるために

手術をする際には、小手術を除いて麻酔科医が麻酔を担当し、患者さんのそばにいて、ずっと命をお守りします。
手術治療前に麻酔科医は患者さんを診察します。その折に患者さんの状態に合わせた最適な麻酔方法と全身管理を組み立てます。手術前に主治医や麻酔科専門医と自分の過去の病気や体調についてよく相談することで、危険性を最小限にすることができます。
さらに、患者さん自身が日ごろから病気のコントロールを行い、食事や運動、喫煙、ストレスなどの生活習慣を改善しておくことが、手術の時に自分の命を守ることにつながります。 対象疾患

医師紹介

医師紹介
池田 水子
崎村 正太郎