循環・呼吸・老年病内科

診療内容

外来診療は月曜から金曜まで毎日、専門医が診察しています。
外来での主な検査は心臓用超音波装置、運動負荷心電図、ホルター心電図などを用い、苦痛なく診断確定しています。

入院中の検査では、胸痛などを訴える患者さんには冠状動脈造影法などの検査を行い、必要なら経皮的冠動脈形成術(風船治療)やステント植え込み術も行っています。

また慢性心臓病患者さんには本院理療棟で心臓リハビリプログラムを受けることが可能であり、現在多くの患者さんが参加しています。一方、当科で心臓血管手術が必要とされた患者さんには疾患に応じて県内外の有名専門病院を紹介しています。

本院は循環器専門医のための教育施設病院に認定されており、常時優秀なスタッフが24時間体制で待機しています。

循環器・呼吸器外来

高血圧、狭心症、心不全、不整脈などの循環器疾患、慢性気管支炎、喘息などの慢性呼吸器疾患を中心に診断・治療(心臓カテーテル検査、PCI等)を行っています。
急性期の治療と合わせQOLを考えたケアとリハビリテーションまで完結する診療を行なっています。
また、現在治療を行なっている患者さんもご相談に応じています。

循環器リハビリ外来

心臓病の手術をされた患者さん、冠動脈形成術を行った患者さんなどを対象に運動浴、自転車エルゴメータなどにより、心臓機能回復を目的としたリハビリテーションを行なっています。

高脂血症外来

コレステロール、中性脂肪の高い患者さんに対して非薬物療法(食事、運動などの生活指導)を行ないます。
また、非薬物療法で治療困難な患者さんには投薬を行います。

老年病外来 (頭痛外来・もの忘れ外来)

当科では老年病の中でも慢性神経疾患を中心に診断・生活指導・薬剤処方・リハビリテーションなどに診療を提供しております。
症状として、めまい・ふらつき・手足のしびれ・頭痛・手足が動かしにくい・話しにくくなった・認知症かもしれないなどの症状や心配のある方の相談に応じております。

睡眠時無呼吸外来

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)を対象に診断治療を行なっています。
「大きないびきをかいている」、「寝ている間に呼吸が止まっている」と言われたことはありませんか?
日中の眠気、集中力・活力に欠ける、居眠りがちになる、起床後も疲れがとれない、熟睡感がないといった症状をお持ちの方は睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。

この病気は睡眠中に呼吸が停止しているためさまざまな病気を引き起こすことが分かってきました。簡易検査は入院の必要も無く行なうことができますので、まずはお気軽に受診されることをお勧めします。

禁煙外来

タバコの害については、いまさら言うまでもありませんが、ガン・心筋梗塞・脳卒中など日本人の主死因に及ぼす悪影響は計り知れず、また喫煙者本人のみならず周囲の人々の健康への悪影響の面から喫煙者には禁煙が強く求められます。
禁煙したいと思っても、なかなかやめられない方にタバコの害を理解しながら無理のないステップを踏んで医師が禁煙の指導をします。
尚、本外来は保険診療ではなく全額自費負担となります。

緊急時の対応

病状が変化した場合や、急に症状が出現した場合などには対応できる体制をとっています。


温泉と健康に関するアンケートについて

九州大学病院別府病院内科(循環・呼吸老年病内科)では、別府市医師会及び別府市役所と協同で「温泉と健康に関するアンケート」を市内にお住まいの65歳以上の方の中から約20,000名の方を対象に実施することになりました。
対象となる方には、アンケート用紙を郵送にてお送りしますので、どうかご理解ご協力いただきますようお願い致します。
研究内容の詳細は、下の「アンケート調査について」のボタンからご覧になれます。