HOME看護室について > 総看護師長あいさつ

総看護師長あいさつ

 当院は九州大学病院の分院として、専門性の高い医療を提供する役割を担っています。 看護室では「私たちは人間性を尊重し、患者さんに信頼される質の高い看護を提供します。」という理念に沿って、日々前進する新しい医療に対応でき、安全で質の高い看護の実践を目指しています。
 チーム医療の一翼を担うことができる看護師として成長できるよう、各自の成長段階に応じた教育体制を整備し、知識や技術修得の支援を行っています。
 また、看護体制も「安全」と「育成」を柱としたPNS(パートナーシップ・ナーシングシステム)を導入し、患者さんへの適切なケアが安全に提供できる体制を強化しています。
 少子・超高齢化社会を支える専門職として、自分で考え、適切に行動できる看護師としてキャリアアップしていけるよう支援しています。

総看護師長 馬場チエミ