HOME看護室について > 組織・体制

今年度の目標

看護室では、個人を動機づけながら組織の力を発揮するために「目標管理」を取り入れています。

平成28年度 看護室の目標

1.安全で質の高い看護の提供

  1. 看護の基礎・基本を徹底する。
  2. チーム医療の中で看護の専門性を発揮する。
  3. 多職種と連携し臨床看護研究を推進する。
  4. 部署の薬剤管理を徹底する。
  5. 5S運動を推進する。
  6. 転倒転落件数の減少 前年度比98%以下。
  7. 看護実践が見える看護記録を推進する。
  8. 倫理的感性を養い、現場で直面する倫理的課題を検討する。

2.人材育成と自己啓発・研鑽の推進
 人材育成の柱 看護実践力―臨床教育力―看護管理力の育成

  1. 職員の院内・院外研修を推進する。
  2. 院外の教育活動を推進する。
  3. 意図的な中間管理者の育成を図る。
  4. 業務を通し、中堅看護職員(5年目以上)の人材活用を積極的に図る。
  5. コンピテンシーを基に、看護管理者の育成・評価に取り組む。

3.看護の可視化、質評価の推進

  1. 質評価指標に沿って定期的に看護実践を測定する。
  2. 測定した結果をデータ管理し、看護実践および管理に活用する。

4.業務改善と活気ある職場、元気の出る職場づくり

  1. 職務満足度調査を実施・分析し、職員の自己効力感の向上を目指す。
  2. 各部署で1例以上の業務改善に取り組む。
  3. ワーク・ライフ・バランスを意識した業務遂行に取り組む。
  4. ストレスチェックを実施し、メンタルケアの実践に取り組む。

5.パートナーシップナーシングシステム(PNS)の定着と検証

  1. PNSの定着を図り、PNSマインドの醸成を促す。
  2. PNS実施による変化や効果を可視化する。

6. 病院経営への積極的な参加

  1. 診療報酬改定における必要な知識を理解し、病院経営に協力する。
  2. 効果的効率的な病床管理を医師とともに行う。
  3. 専門性の高い看護実践を行い、診療報酬の加算取得に取り組む。
  4. 日常的に使用する医療材料のコスト意識を徹底する。

7.看護実践力ブロッサム開花継続プロジェクトの推進

  1. プロジェクトの活動を通じて、職員の人材育成を図る。
  2. IVナース育成を計画的に実施する。

8.接遇の向上

  1. 九大病院の職員としてふさわしい身だしなみや態度を育成する。
  2. 職員に対する感謝・お褒めが前年度より増加する。
  3. 職員の対応に対する苦情が前年度より減少する。